日本語 / English

初代国立大学法人東京科学大学の理事長候補者が決定

湯島キャンパス(左)と大岡山キャンパス(右)

国立大学法人東京科学大学の長の合同選考会議(以下、選考会議)は、2024年6月18日に開催された選考会議において、大竹尚登氏(現 東京工業大学 科学技術創成研究院 教授、同研究院長)を初代国立大学法人東京科学大学の理事長候補者として全会一致で決定しました。

任期は、2024年10月1日から2028年3月31日までの3年6ヵ月です。

今後、文部科学大臣に申出を行い、指名を受けることになります。

また、選考会議においては、国立大学法人東京科学大学の管理運営体制の強化を図るため、国立大学法人東京科学大学に大学総括理事(東京科学大学長)を置くことを併せて決定しました。

大竹尚登氏のコメント

10月1日に誕生する東京科学大学(Science Tokyo)の理事長候補に選出された責任を重く受け止めています。私たちは両大学の歴史と文化が凝縮した、「医科」「歯科」そして「工業」を収斂し、「科学」の2文字に皆の心を託しました。大学、教職員そして学生が、社会とともに善き未来を描き、新学術・新産業の創成や感染症・カーボンニュートラルなどの社会課題への対応に挑戦していく、活力と善意に満ち溢れた大学をつくっていきます。

大竹尚登氏

大竹尚登氏

Contact us

お問い合わせ
東京科学大学 広報担当
Email brandpr-novuni@ml.tmd.ac.jp
取材をご希望の方
東京科学大学 取材窓口
Email media@ml.tmd.ac.jp

Follow us

  • Xのアイコン画像
  • Instagramのアイコン画像